趣旨

万物が情報を発するIoT環境が広がる中で、「歴史とは、自由拡大のプロセスであり、自由の拡大に伴って矛盾が増大する」という哲学者ヘーゲルやミルの洞察が、日々、現実化されています。自由の享受、安心・安全の確保、個人の権利・プライバシーの保護の三者はともすれば、矛盾相剋し勝ちですが、これらを単にバランスの問題と考えず、可能な限り止揚することが要請されています。私は、20世紀初頭以来、これを情報社会の三止揚と名付けて、具体策を考えてまいりました。三止揚された理念を明確に表現することは難しいのですが、仮に、「個安由」と呼ぶこととしましょう。「個安由」という仮称理念を現実化するためには、個々のケースについて、思索を深め、実証することが求められます。

特に、Digital Identity ,即ち、情報を発信・受信・処理する人・組織・モノの真正性の保障が、「個安由」を実現するための基盤的重要性を増しております。

そこで、下記のような具体的活動を開始しております。

(1)2017年4月、サイバートラスト、セコム、ラックなどの企業と共に、一般社団法人 セキュアIoTプラットフォーム協議会(辻井重男理事長、佐々木良一監事)を設立しました。

(2)2018年4月、セキュアIoTプラットフォーム協議会と中央大学研究開発機構が共同で、総務省SCOPEの委託研究「IoTデバイス認証基盤の構築と新AI手法による表情認識の医療介護への応用についての研究開発」を受けて、活動を始めております。

(3)無数のIoT機器からの発信情報に対する中間者攻撃などの深刻化に備えて、新たな方式を提言発表し、国際的活動を行います。

シンポジウムは、このような、背景の下に企画致しました。ご関心のある方のご参加と議論の盛り上がりを期待しております。

 

実行委員長 辻井 重男

登壇者

辻井重男 一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会 理事長
中央大学研究開発機構 フェロー・機構教授
竹内芳明 総務省 サイバーセキュリティ統括官
三角育生 内閣審議官
内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター (NISC)
副センター長
白鳥則郎一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会 理事
SCOPE中央大学研究代表者
東北大学名誉教授
徳田英幸国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) 理事長
一般社団法人重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS) 会長

登壇者

佐々木浩二  株式会社アドイン研究所 代表取締役
稲田修一 一般社団法人情報通信技術委員会(TTC) 事務局長
パネル討論1 
司会 須藤修 東京大学大学院情報学環 教授
奥家敏和 経済産業省 商務情報政策局
サイバーセキュリティ課長
谷 幹也日本電気株式会社 セキュリティ研究所 所長
松本勉横浜国立大学大学院環境情報研究院 教授
森島繁生早稲田大学先進理工学部 教授
パネル討論2 
司会 佐々木良一 東京電機大学特命教授・サイバーセキュリティ研究所長
伊東 寛 ファイア・アイ株式会社 CTO
大久保一彦NTT セキュアプラットフォーム研究所 所長
藤原 洋一般社団法人インターネット協会 理事長
眞柄泰利サイバートラスト株式会社 代表取締役
森 達哉早稲田大学基幹理工学部 教授
渡辺文夫株式会社 KDDI総合研究所前会長

PROFILE